top›委託訓練活用型デュアルシステムには40歳未満の人の為の若年者コースもある

委託訓練活用型デュアルシステムには40歳未満の人の為の若年者コースもある

<広告>

<広告>

委託訓練活用型デュアルシステムには40歳未満の人のための若年者 コースが設けられています。 応募できるのは、デュアル訓練コースのなかに就職希 望職種があり、希望する職種に就職するために職業訓練 の受講が必要であると認められること。 また、職業訓練が修了した後には、早期に希望する職 種または関連する職種への就職を考えていることです。

このような求職者で、登録キャリアコンサルタントに よるキャリア・コンサルティングを受けてジョブ・カー ドを作成した人のうち、公共職業安定所長の受講指示ま たは受講推薦を受けることができる概ね40歳未満の人。 そして、職業訓練修了後に実施する就職調査に協力でき る人です。

ちなみに、以下の人は受講することができないので注 意してください。

①訓練開始日および訓練期間中に在職中の人
②公共職業安定所長の受講指示または受講推薦を受け て、雇用・能力開発機構が実施する委託訓練などを既に 受講し修了した時点から1年以内の人
③過去1年以内に公共職業安定所長の受講指示または 受講推薦を受けて受講した公共職業訓練を正当な理由な く途中でやめた人

入学金や受講料は無料です。 自己負担となるのは、教科書や教材代です。これら教 科書や教材は訓練実施施設で販売されるので、事前に購 入する必要はありません。損害・賠償保険加入料として 2150円かかります。入校後加入するもので、加入し ない場合は訓練を受講できません。

それと介護福祉関連コースのみ健康診断費用が必要で す。実習先への交通費等が必要となるコースは、別途各 自負担となります。

受けられる手当についてですが、 雇用保険受給者で、公共職業安定所から職業訓練が必 要であると認められ、同所長の受講指示のもと入校した 人の場合、雇用保険の失業給付(基本手当、受講手当、 通所手当)が支給されます。通所手当は、自宅から訓練 実施場所までの最短距離が2km以上で、かつ1km以 上公共の交通機関などを利用する場合です。車やバイク での通所はできません。

申込先は住所地を管轄するハローワークの職業相談窓 口で、窓口の人と相談した上、申し込みとなります。 在職中でも申し込みができるのか気になるところです が、訓練開始日現在、離職することが確定していれば、 申し込みができる場合があります。

受講する際、定期券を購入するという人もいるでしょ う。ある意味学生というような気がしますが、残念なが ら学生割引は適用されません。

ちなみに、基本的に土曜、日曜、祝日を除く月曜日か ら金曜日まで毎日訓練を受けることができます。ただし、 実習期間中は、実習先企業により訓練日が異なる場合が あります。

<広告>

失業保険職業訓練コラム
ハローワークの機能 失業したらまずハロワで失業保険の手続き 失業保険をもらうための条件 失業保険の給付開始は自己都合なら手続きから約4ヵ月後
失業保険の支給額と受給期間 失業保険の手続き ハローワークの利用方法 ハローワークの求人検索機
無料で職業訓練を受ける 職業訓練とハローワークの関係 ハローワークでは面接会も開催している ハローワークの職業相談を無料で受ける
公共職業訓練校とは 公共職業訓練校は就職率が高い 地域の実情に応じた職業訓練もある 職業訓練=授業料無料+失業給付延長+受講手当
公共職業訓練の申し込み方法 東京都立職業能力開発センターとは 各都道府県の産業労働課が委託するセミナー 雇用・能力開発機構が主催する職業訓練コース
委託訓練活用型デュアルシステムとは 委託訓練活用型デュアルシステムには40歳未満の人の為の若年者コースもある 雇用保険未加入者でも受講できる職業訓練コース 職業訓練校がいつどんな内容で訓練生を募集するか調べる
職業訓練の主催者が違うと講座内容も違う 自分の居住地域の職業訓練コース以外も受講できる 職業訓練校の選抜試験 公立の職業訓練施設は大きく分けて5つの種類のコースがある
都道府県および雇用・能力開発機構の直営コース 国が設置する職業訓練校 職業訓練校は学歴ではなく職歴になる 公立直営の職業訓練施設は2年コースが多い
公立直営の職業訓練施設の地方の狙い目は建築系 公立の職業訓練施設の1年コース 事務系が人気の6ヶ月コース 就職率100%の若年者職業訓練コース
デュアルシステムの応募条件 45歳以上の高年齢者用職業訓練コース 45歳以上におすすめな高年齢コース 働きながらでも職業訓練を受けられる
働きながら国家試験の受験対策講座が受講できる ポリテクカレッジとポリテクセンター 地元ならではの訓練コースを探す 伝統工芸を学べる訓練コース
職業訓練校の入学時期 職業訓練校の受験の流れと試験対策 職業訓練を受講して資格をとる 職業訓練校の学費は
民間委託訓練は一流専門学校ばかり 訓練校は介護関連コースがお得 医療事務コースは大人気で高倍率 経理コースは内容が充実している
経理の委託訓練では特化した講座を敢えて選ぶ 園芸科は現場色の強い委託訓練 農業科は9ヶ月の委託訓練が主流 ビル管理や施設スタッフ技能を現場で習得
ITエンジニアコースは委託訓練が有利 インターネット系エンジニアコース 職業訓練には大学委託訓練もある エステティシャン、ネイルアートなどの人気専門職の講座もある
ウェディング、旅行、ホテル業界の講座 委託訓練で取得しておきたい資格 保育付きシングルマザー向け訓練講座 WEBで自宅で職業訓練を受けられる
雇用保険に入っていなくても基金訓練を受け取れる 訓練・生活支援給付金制度 訓練・生活支援給付金を受けるために必要な手続き OA事務コースは基金訓練のなかでも特に充実
パソコンスキルとビジネス系の知識を同時に学べる基金訓練 華やかな人気職種について学べるコース 堅実な人気職種について学べるコース 基金訓練コースの就活状況
生活資金融資制度を利用する 受けたい職業訓練コースを見つける 介護の仕事は資格が命 基金訓練制度の介護講座は主婦にお勧め
保育士の資格をを2年間無料で職業訓練を受講して取得 美容師・理容師になれば世界中で仕事に就ける 自動車整備工を目指すコース エステティシャン、ネイリストの職業訓練校もある
園芸、造園関連の職業訓練 医療事務分野の職業訓練 ペット関連の職業訓練 調理関係の職業訓練
旅行ビジネスや英語の職業訓練 AFPと国家資格2級FP技能士がセットで取得できる訓練コース アロマセラピストや心理カウンセラーの職業訓練 建築関連の職業訓練
アパレルパタンナーの職業訓練 カラーコーディネーター養成科    

<広告>

<広告>